にいがた就職応援団ナビ

エントリー
この企業にエントリーするこの企業はエントリー済みです
―― 燕三条 ものづくりに挑戦 世界とつながり成長する ――
伝統の三条刃物鍛冶に由来する確かな技術は、いま新潟を飛び越え世界へ。
下村グループ(下村企販株式会社・下村工業株式会社)

企業からの最新情報

17/3/1(水)

エントリー受付を開始しました!

採用情報ページにアクセスいただき、ありがとうございます。
当社に興味を持っていただいた方は、ぜひエントリーをしてください。
みなさんにお会いできることを楽しみにしています!

企業データ

日々の暮らしの中からアイデアをカタチにする商品開発力を強みにキッチンツール用品、調理刃物などの企画・製造・販売を行っています。新潟・三条刃物鍛冶をルーツに蓄積された刃物製造、商品化ノウハウを土台に事業展開を進めています。調理器メーカーの下村工業(三条市)、企画販売の下村企販(燕市)、海外製造販売の下村香港有限公司(香港)の3社で構成しています。成長発展の可能性を日本国内のみならず世界に求めて挑戦しています。

●歴史あるものづくりのこころ
--------------------------------------------
140年以上前から続く三条刃物鍛冶としての創業を経て、1957年に設立いたしました。日本有数の金属加工産地である新潟県燕三条地域。なかでも刃物製造は私たち下村グループの原点であり、伝統の地場産業を継承する者としての誇りでもあります。三条刃物鍛冶に由来する加工技術と時代に合った新しく柔軟な発想により、成長してまいります。
 
●時代と世界に合わせた進化と深化
--------------------------------------------
刃物製造は当社の原点であり、鎌や鍬などの農工具にはじまり、現在は産業用精密部品からキッチン用品まで、各種製品に当社製品が採用されています。
企画・製造・販売までのグループ一貫体制をもち、製造技術と企画開発力により、デザイン・素材・機能設計にいたるまで、お客様の幅広いニーズにお応えする「対応力」で高い評価をいただいています。
「このような商品は作れますか?」というお客様のオーダーに対し、試作と改良をくり返しながら、技術力を磨き、企画力やデザイン提案力を高めてまいりました。その根底にあるのは、「使う人に長く愛される商品を届けたい」という想いです。その姿勢は、140年前の鍛冶職人の時代から変わることなく、時代に合わせた「進化」と「深化」を続けながら、現在の下村グループの現場にも脈々と受け継がれています。
国内市場向けに製品製造を長年手掛けてきました。社名こそ明記しておりませんが、実は百貨店、専門店で目にする世界的なキッチンツールブランドの多くには当社製品が使用されており、ドイツ、アメリカや中国などへ販売実績も増加しております。燕三条地域の歴史あるものづくりを国内外へ発信していきましょう。

●社内雰囲気
--------------------------------------------
グループ国内社員数は約165名と決して規模は大きくありませんが、企画から製造、調達、国内外への販売まで一貫体制をとっています。そのため、社員一人一人が各々の役割の中で「自分が会社を動かしている」感覚を味わえる機会が多いと思います。
また、社内外を巻き込みながらものづくりを通して、グローバルな舞台へ日本の文化を発信していくことのできる
醍醐味を感じていただけるのではないかと思います。

●教育体制
--------------------------------------------
入社から3~4ヶ月の間、社内外にて製品がつくられるまでの一連の流れを現場研修を通して学んで頂きます。その後、先輩社員による業務フォローや国内外の展示会などの機会も経験しながら、ものづくり全体を広い視野でとらえてスキルUPを目指して頂きます。

●福利厚生
--------------------------------------------
社員旅行、懇親会、レクリエーションなど各イベントで社員間のコミュニケーションを深める機会があります。

--------------------------------------------
今回は下村企販および下村工業の2社において「企画営業・商品開発」「製品・金型設計」「製造(刃物製造・樹脂成形)」「プロダクトデザイナー」職の採用を予定しています。創業より140年間の長きに渡り引き継がれた確かな技術に、若い力の柔軟な発想力をプラスし、さらに多くのアイディア製品を生み出していこうと考えています。

<当グループが持つ3つの強み>
 ◆長年の技が凝縮された高品質な刃物製品
 ◆自社製造だからできる高品質なプラスチック製品
 ◆信頼ある「Made in 三条」を生み出す対応力

これらをより確かなものにし、下村グループの名を世界に羽ばたかせようという今。
一緒に歩みを進めてくれる仲間を求めています。
事業内容 【下村企販】
 キッチン用品をはじめとした多岐にわたる商品を、
 多品種小ロットに対応しながら、生活協同組合や量販店などに
 供給。自社製造部品を有し、そこで培った製造技術を企画・
 開発に活かして、使い勝手の良い本物志向のものづくりを
 行っています。

 <生産品目>
   調理小物、調理器物、洋食器、台所収納、流し廻り用品、
   製菓用品、園芸、DIY、防災、洗濯・バス、インテリア小物

--------------------------------------------
【下村工業】
 「調理に楽しさ、暮らしにごちそうをデザインする」を
 コンセプトに、刃物からプラスチック製品にいたるまでの
 多様な製品を製造・販売しております。
 刃物メーカーとしての高品質なモノづくりはもちろん、
 ユーザーの視点に立った商品開発、グループ企業との
 連携を活かした視野の広い事業を展開しています。

 <生産品目>
   家庭用・業務用包丁、電動調理器刃物・産業用刃物部品、
   調理用器具・機器、セラミックナイフ・ハサミ、
   その他各種キッチンウェア
設立 【下村企販】 1973(昭和48)年7月7日
【下村工業】 1957(昭和32)年3月5日
資本金 【下村企販】 8,000万円
【下村工業】 9,990万円
社員数 【下村企販】  51名
【下村工業】 114名
所在地 【下村企販】
 〒959-1279 新潟県燕市大字小池4803-4

【下村工業】
 〒955-0033 新潟県三条市西大崎1-16-2
売上高 【下村企販】44億円
【下村工業】21億円
関連会社 ◆下村香港有限公司(香港)
  家庭用・業務用包丁、調理刃物、精密刃物の輸出入

◆下村刀具有限公司(中国広東省深セン市)
  家庭用・業務用包丁、電動調理器刃物、精密刃物の製造・販売
沿革 昭和32年02月
  下村工業株式会社を資本金100万円で三条市田島にて設立。
  ステンレス製包丁生産着手。
昭和35年06月
  下村工業 キッチンウェアーの製造開始。
昭和54年12月
  下村企販株式会社設立、燕市物流センター地内で営業開始。
昭和61年03月
  下村工業 セラミック刃物生産開始・事業転換計画実施。
平成02年12月
  下村工業 大島工業団地内に工場を化成事業部として創業開始。
平成03年11月
  下村工業 旧ソ連邦向プラント輸出完成。
平成06年06月
  下村香港有限公司設立(香港)。
平成08年12月
  下村企販 新社屋(燕市小池)にて操業開始。
平成14年12月
  下村企販 ISO9001認証取得。
平成18年05月
  下村啓治 下村工業・下村企販社長就任。
  下村達大 下村香港総経理、下村工業・下村企販 専務就任。
平成22年08月 
  下村刀具有限公司設立(中国広東省深セン市)。
平成25年09月
  下村工業 料理研究家・検見﨑聡美シリーズ発表。
平成26年07月
  下村工業 調理小物フルベジシリーズ発表。

連絡先

◆下村グループ(下村企販株式会社・下村工業株式会社 共通)
〒959-1276 新潟県燕市小池4803-4
Tel 0256-64-5588 Fax 0256-64-5064
mail recruit@shimomura-kogyo.co.jp
担当/下村企販 総務課 芝田
この企業にエントリーするこの企業はエントリー済みです

他にこんな企業も見てみませんか?